スクリーンショット 2019-06-17 19.01.40のコピー
 ワードプレス、と言う言葉を初めて聞いたのは、去年、嫁さんに言われた時の事だった。例によって例の如しで、要領が得ないので自分で調べてみたら、ブラウザ上で簡単なホームページの作成ができるソフトというか、アプリじゃない何かであった。すったもんだしながら自分もチャレンジしたのだが、痒いところになかなか手の届かない、使い勝手の悪い編集ソフトである。
 メリットがあるとしたら、専用のウェブ作成ソフト、例えばドリームウィーバーなんかに依存しない事、サーバにアクセスする必要もない事。これは手軽といえば手軽である。長年使ってきたドリームウィーバーは、最近もうどうやって使ったら良いか解らん様になってしまってるし、そうなれば自分の持てるスキルで凝ったものを作るのも、もう無理であるし、だったら痒い所に手の届かんワードプレスでやっても、大差ないどころか、メリット面が活きてくる。
 そこで、たにしコーポレーションと日本飯盒協会のサイトをワードプレス化した。そしてそれなりにワードプレスでの編集にも慣れてきた。それは良かったのであるが、今日、index.phpとindex.htmlを一緒にしたらどうなるか試してみた所、index.htmlが表示されたので、ワードプレスで作成中はindex.htmlを表示させておけると確認してから、サーバからindex.htmlを抜いてみた所、phpの方が表示されず、ずっとhtmlのママで、どうしてもこうしてもphpが表示されず、そうこうしている内に、ログインも出来なくなって、二進も三進も行かなくなった。
 仕方なしに、再インストールしたのであるが、今度はデータベースがどうのと入力しろという画面が出てきて、先に進めなくなった。前はこんなん出てきたっけ?
 ともかく、作り直すしかないさそうなのだが、一歩も前に進めなくなって、どうしようか思案中である。世の中、便利になってきてるのだろうけど、そろそろ自分は付いて行けなくなりつつある様だ。