IMG_0217
 フサ猫かぼすは、おそらくサイベリアンのハーフかクォーターの野良だったのだが、それだけに短毛種と違って毛が長い。フサ猫だけに、野良上がりであっても、それなりに気品があるのだが、問題はちっとも気品のないウチに拾われた為に、気品のある扱いを全然受けてなくて、せっかくのフサ毛も活かしきれてない。それどころか、下手をしたらケツの周りがウンコで汚れてたりする。あまりに酷い時は蒸しタオルで拭くのであるが、それでも嫁さんがクサイクサイと文句を言う。
 なので、今の家に引っ越して初めての夏、つまり去年なのだが、嫁さんがかぼすを洗わせてくれ、と言うので、かぼすの生涯で3度目の風呂をやった。一度めは拾った時、二度めはその2年後だったのだが、まだ当時は体が小さかったので、洗うのも乾かすのもさほど大変ではなかった。ところが今回はメス猫にしては大きい6キロの体格である。洗う方はどうにかなったが、乾かす方が大変だった様である。様である、と言うのは、そうなるのを見越して自分は洗う係、乾かすのは嫁さんの係としたからだ。まぁ、ともあれ乾かしたのであるが、ケツの汚いのはあまり改善されず、こりゃちゃんとしたトリマーに掛かった方が良いかなー、とか言ってたもんである。
 ところが、そうこうしているウチに、かぼすの体のあちこちに毛玉が出来始め、しかも結構デカくなっていき、ハサミで切っても追いつかな感じになってきた。前二回でこんな事になった事はなかったので、嫁さんの乾かし方が雑だったのか、はたまた図体がデカくなって毛も増えたからなのか、とにかく毛玉が半端ないのである。そこで、今年の夏はいわゆるサマーカットにしてやろうと考えた。
 考えはしたが、自分でやった事もないし、そこはプロに頼もうと、近所に出来たコメリの中のペットショップに頼んでみた。ところが返事は「他でカットした経験のないネコちゃんはお受けできない」と言うけんもほろろな回答だった。犬と違って猫は暴れたり逃げたりするからであろうか。ちなみに、かぼすは爪を切るのも大変で、毛で爪が隠れてる上に暴れるから、大抵はこっちが痛い目に遭うのである。
 ともあれ、プロに断られた以上は、自前でやるしかなくなった。そこで何故か嫁さんが持っていたバリカンで、かぼすの毛を刈る事にした。したと言っても、自分はかぼすを押さえる係、バリカン係は嫁さんである。予想はしていたが、バリカンで毛を刈られるのは相当嫌らしくて、もがいて逃げようとする。それを首根っこ押さえて毛玉を刈っていく。手早くやる必要もあり、見栄えなんか構う余裕がないから、超絶トラ刈りである。それでも一気には出来ず、毎日少しずつやっている。とりあえず、背中の毛玉は全部除去する事が出来たが、腹の方はどうなるなるか。相当な苦戦が想像されるが、中途半端は良くないので、頑張る他ない。
 知らない人が見たら、どう見てもやってる事とその結果は、動物虐待以外の何者にも見えないのだが、そうでない証拠に、終わったらケロっとした顔してかぼすが寄ってくる。バリカンやってた嫁さんにも甘えて撫でろと言う。嫌なら寄って来ないもんだが、喉元過ぎたら忘れるのか、単にバリカンを刈られる感触のする瞬間が嫌のか、ともかく相変わらずよく懐くのである。