IMG_6216
 自分は関西人のくせに、ウドン派でなく蕎麦派である。しかも関東の色の濃い汁の蕎麦が好きである。中でもかき揚げそばが好きなので、どの店に入っても、かき揚げ蕎麦しか頼まない。つまり、蕎麦とかき揚げでその店の良し悪しを判断するのである。
 職場の近くの御茶ノ水駅脇の明神そばは、もうかれこれ15年以上、断続的に食べているのだが、ここの何が良いと言っても、かき揚げが分厚くデカいのだ。これが非常に嬉しい。実は昔はもっと分厚かったのだが、値上げ出来ない分、少々薄くなってしまった。それでも他所の店よりも全然分厚い。かつ、サクサクした食感でとても良い。中にはぺったんこでお好み焼きみたいなかき揚げを出すところもあるので、それと比べたら非常に美味しいのである。
 蕎麦自体の味は、最初のうちはあまり好きになれなかった。昆布の風味が強く、鰹出汁に慣れてたからだ。それでもかき揚げの分厚さに惹かれて食べてた様な面がある。昔は、秋葉原の安曇野という駅そばが大好きだったのだが、駅舎の改装で無くなって以来、安曇野に匹敵するかき揚げの分厚さは、明神そばくらいしかなかったからである。もっとも、蕎麦の味も5年もしない内に慣れてしまった。
 自分が明神そばを食べるのは、新橋の馴染みの床屋で散髪した時、と決めている。出勤までに時間があるからである。今日も立寄ったのだが、自分の前の客が蕎麦2倍を頼んでて、何だか羨ましくなった。昔だったら2杯くらいペロンと食べたのであろうが、今は1杯でお腹いっぱいである。