2019-03-12-10.56.13
 誕生日という事で、嫁さんがプレゼントに何欲しい?と聞いてくれたんだが、これといって欲しい物が思い浮かばない。あえて言うなら、ガエルネの新しいファストバックが欲しかったが、値段が3万9000円もするし、しかもサイズが28.5cmまでしかない。SG10の時は30cmまであったのにである。とにかく高いという事で却下。もう一着ウェアも欲しいところだが、当然却下である。だったら東京マルイのVSR-10にしようかと思ったのだが(これには嫁さんも若干食指が動いた)、今更エアガン買ってもサバゲーやりにいく気もあまりないし、となると買った途端に飽きそうである。
 という具合で、今ひとつ考えがまとまらないでいると、嫁さんが「プレステ4買いましょうよ〜⭐︎」という。ウチには中古のプレステ3があるのだが、これが結構な騒音マシーンで、しかもNETFLIXで『高い城の男』を観る用に買ったものだから、今は自分にはほとんど用事がない。つまり、3が4になったところで、やっぱり用事がない事には違いない。しかしまぁ、特段欲しいもんもない訳だし、だったら喜ぶ嫁はんの顔見るのが最上のプレゼントと考えて、快諾した。こういう時には動作の早い嫁さんのこと、ただちにメルカリで中古を落札して、誕生日の前日に物が届いた。
 ゲーム機の設定の仕方は全然わからんので、全部嫁さん任せ。おまけで付いてきたバトルフィールド1を、早速ワキャワキャ言いながらやってた。自分はゲームなどまずやらないので、当然、この種のゲーム機もこれまで買ったことがないのであるが、これもまた結婚に伴う変化、というやつんだんなー、と思いながら、その様を見てた。