名称未設定 1

 昨日の夜、仕事の帰り、ウチまであと500mという辺りでいきなりアドレスがパワーダウン。たちこめるイヤなゴム臭いにおい。何だ何だとエンジンを再始動させるが、すぐにプスンと落ちる。なんとか騙し騙し動かそうとするが、ものの15mほどでエンジンが止まる。キックは掛からなかったものの、セルは回るのでプラグ系ではない。エンジンも直ぐ止まるが回らない訳ではないので、キャブでもなさそうだ。とにかくゴム臭いのだが、なんでゴム臭いのか分らない。ともかく、動いては止まりを繰り返しながらウチまで持って帰って来た。
 そして今朝、もしかしたら焼き付きかも?と思いつつ、取りあえずオイルを補充。でも先月末に補充したばっかりなのでそんなには入らない。でも、エンジンは回りバイク屋まで乗って行く事は出来た。で、診てもらったのだが、エンジン冷却用のファンが破断してエンジンが冷却されなかった事が原因の焼き付きだった。ゴム臭いにおいは、破断したファンがエンジンの熱で溶けた臭いだったのだ。エンジンのオーバーホールは概ね11〜13万円。11万ほどで買ったバイクだから、ぶっちゃけ買い替えた方が良い金額である。
 結果としては、ないと困る普段の足なので、代替機を探してもらう事になったのだが、それにしてもいきなりの13万円の出費は痛い。当然準備はないので、貯金を崩さない訳にはいかない。まぁ、今年はモトクロッサー買い替えないからその分余裕があるとは言え、余裕持たす為に買い替えを止めたんだから、代わりにスクーター買い替えてたんじゃ意味がない。
 ともあれ、スクーターといえども異状が見受けられた時は点検は欠かせない、という訳だ。実は先日、タイヤ交換した時に「何かカラカラ音がするなー」みたいな事を言われてたのである。今から思えば、冷却ファンを留めてるボルトの穴が広がってガタが来てたんだな。その時、面倒臭がらずに点検しとけば、点検代&ファン代だけで済んだかも知れん訳だ。
 どうにも10年ノーメンテのジョルノの印象が強くて、「スクーターは大して壊れない」と思ってしまっているのだが、これに懲りて学習しないとな。