d3ade03be1f7e77938853c4f482902f5

 昨日、8回目の注射を打ってきた。昨日の段階では、膝は伸ばそうと思えば伸ばせるが、伸ばした時にまだ内膝が当たる、という感じだった。あと一息、といったところである。そして注射を打って一晩経った訳であるが、伸ばすのは好きに出来るようになり、膝が当たる感じもほとんどしなくなった。まったく当たらなくなった訳ではないが、昨日に比べれば遙かに良い。言ってみれば、98%治癒といったところである。来週水曜日、一応予約を入れているが、はたして注射する必要があるかどうか。この一週間の経過が楽しみである。
 かれこれ、2ヶ月半に渡って左膝と付き合ってきたのであるが、色々勉強させ貰った。一番の収穫は、仕事に穴を開けられない社会人は、怪我は出来る限り避けねばならず、その為には装備をケチっていてはならない、という事だった。それがアスタリスクのCELLを買う直接の理由となった訳であるが、高い代物だけに着け心地は最高に良いし、安心感もたっぷりある。10万円という高額さは、この安心の為にあるのだと思う。
 また、この怪我を療養している間に、色んな本を読んだり、アドバイスを受けたりして、自分の乗り方を見つめ直す事も出来た。復帰して2回の勉強会に出て、わずかではあるが安心して乗れる様にもなってきた。この怪我がなければ、こうした反省の機会もなかっただろう。今年ものこり僅かであるが、大晦日には年忘れEDに出る事になった。まだまだこれからである。