b11e711104732bfe28b8bb35d6b902c8

 1月26日に右手を骨折して以来、バイクはトランポに積みっぱなしだった。文字通り、積んで貰った状態のまま、一度も降ろしてない。この間にトランポを使う機会は何度かあったが、バイクを降ろして洗うには、右手の状態が不安だったのだ。
 とはいえ、これ以上バイクを放置しておくのもヤバイ気がしてきたので、意を決して洗車する事にした。予定では5日にギプスが取れて、まずは洗車するつもりであった。ギプスはあと3週間付けておかねばならない。だから洗車する間だけ外して作業する事にした。風呂の時は外して良いんだから、拡大解釈である。
 最後に乗った時はコテコテのマディで、翌日洗車するつもりだったからコースで洗車機もかけていなかった。その状態で積んだので車体の各所に土がこびり付いていた。ところが、さすがに1ヵ月も放置しておくと、土はカチカチに乾いてしまい、振動でバラバラと荷室の床に落ちていた。その大部分は、こないだWEXの観戦でデコボコランドに行った時に、手ホウキで払い落としてきたのだが、バイクを降ろすと残っていた土がバラバラ落ちてきた。
 いきなり洗車を始めず、とにかく落とせる土は全部マッドアックスで落とし、ホウキとちりとりでカチカチの土を集めて庭に捨てた。いきなり水をぶっかけてたら、土が戻って後始末が大変だからだ。逆に言えば、大半の土は乾いていたので、洗うのはとても楽だったのだ。
 懸案していたのはチェーンで、錆びてるかもと思っていたのだが、さすがは江沼チェーンのゴールドである。全然錆びていなかった。これが純正の鉄のだったら、とっくにガビガビになっていたはずだ。灯油に漬けて洗い、ある程度灯油を飛ばしたあと、バットに入れて次回の作業の時に取り付ける事にした。というのは、外す時にクリップをプライヤーで外すのが結構難儀したからだ(プライヤーの握りが、モロに手の平の折れた箇所に当たるのだ)。
 オイル交換もしたかったし、ブーツやプロテクターも洗いたかったのだが、さすがに右手が疲れたので止めにしておいた。どのみち、しばらくは乗れないのだ。また作業する機会は設けられる。