先週から左下の銀を被せた奥歯がユルく、かつ虫歯っぽい臭いがしてたので、こりゃヤバいなという事で歯医者に行って来た。放っておいても良くはならないし、一日でも早く行けば、それだけ歯を助けられる可能性が高くなるというものだ。
 しかし、結果はアウト。根っこしか残ってない歯が、虫歯で割れてしまって、修復不可能という事だった。3本あるウチの小さい根っこが、歯茎から露出していたし、残りの2本も浮いて来ているとの事だった。抜歯したあとは、2年前にやったのと同じブリッジで対応する事にした。
 ただし、なんと行っても奥歯なので抜いた後も穴がデカイ。ブリッジを入れるまでに1ヶ月は掛かるとの事だった。もたもたしてたら、年をまたいでしまう可能性がある。抜歯に要する時間は約1時間との事だったので、即決で抜いてもらう事にした。
 細い根っこ2本は簡単に抜けた様だが、太い1本はなかなか抜けなかった様で、待ってるこっちがしびれ切らすほどであったが、ともあれ無事に抜歯できた。抜いた後は、1本だけ縫合して、明後日消毒に来いとの事。
 この歯は、確か上京して初めて出来た虫歯で、以来、20数年に渡って具合悪くもならず働き続けて来たのだ。今回、残念な事にはなったけど、むしろ良く務めを果たしたというべきか。まぁ、こうやって歯を失って行くんだなぁ、とも感じた。
しかしまぁ、痛風、高血圧に続いて、抜歯にブリッジである。今年はつくづく医者代に金の掛かる年だ。