ta2003_0321_193845AA
 このガソリンランタンを買ったのは、相当前のことである。今から16〜17年前になるかな。当時やってたサバゲーチームキャンプ用に買ったのだが、今でも現役で動いている。あの頃は、夜の明かりといえば、電池式のライトか、ガソリンもしくはガスのランタンが主流だった。当然、米軍のチームをやってたので、米軍のGIランタンをヤフオクで買ったのだが、これがどこがどう悪かったのか、ロウソク程度の明かりにしかならず、到底実用に耐えないのでさっさと売り飛ばし、代替品としてコールマンの286Aを買ったのである。当時はレストアして使うという思想も技術もなかったので、致し方ないことだった。
 そのチームが活動停止した時、多くの部隊装備とともにこのランタンも残ったのだが、売り飛ばすには惜しいし、いざとなったら使える代物であるし、備蓄用のホワイトガソリンと一緒に、以来ずっと手元に置いてきた。最近では、まとまった人数が集まるレースの前夜とかに使っている。言い換えれば、そのくらいしか使い道がないのである。まぁ、コールマンのランタンが好きな人なら、休みの日なんか、庭で灯したりするのかもしれないが、自分はそういった人でないので、本当に用事がある時しか使わない。だから17年ももっているのかもしれない。
 しかし、この10数年の間に、アウトドア用の照明は大いに様変わりした。今や、ネコも杓子もLEDである。去年の日野HEDの時に、隣でキャンプ張ってた人が、ポータブルのLED作業等を持ち込んでいて、衝撃を受けた。値段を調べてみたら、物によってピンキリではあるけど、コールマンのランタン買えるほどの金額出せば、相当すごいのが買えてしまう。逆にいえば、コールマンのランタンがこの10数年で倍ほど高くなった。手軽さを考えたら、コールマンファンでない限り、LEDの方を買うだろう。かくいう自分も買い換えようかと思ってるのだ。
 もっとも、LEDの投光器を買ったとしても、このランタンは売り飛ばさず置いておきそうな気がする。そうやって、次の10年も生き残りそうな気がする。