85b324bb8fe74dc913e90893468cd535

 猫を2匹飼ったというのは、2007年の年末に、野良ヒマラヤンのシロフサを拾ってきて以来の事である。あの時は部屋数の多いアパートに住んでいたので、隔離も可能であったのだが、今回は狭いマンションであるから、果たして上手くいくかちょっと不安である。
 とは言え、今回タマが連れてきたこのかぼすは、ちょっと野良させておくには惜しい猫である。一応雑種ではあるが、見るからに元は血統書のネコである。もっと大事な事は、子猫3匹のウチで、唯一抱っこ可能だったのだ。他の2匹は抱っこしようとしたら飛んで逃げてたので、あれは野良向きであるが、このかぼすは飼い猫向きだった、という訳である。
 飼う決心をするまでに2週間ほど時間が掛かったが、飼うと決めたら速攻で犬猫病院に連れて行った。ともかく、ノミと回虫の除虫と血液検査である。猫エイズ、白血病ともに陰性という事でともかく一安心。体重は1.2kg、血液検査の他の結果も特段異状なし。誕生日は一応、9月20日という事にして、11月20日前後に初回のワクチン接種を行う事になった。除虫はかぼすだけでなく、一応、先住のみりんの分も薬貰って帰った。そうすれば、かぼすからみりんにノミが移る事もないであろう。
 かぼすは抱っこすると埃臭いので、出来れば風呂に入れてキレイにしたいところであるが、ノミ取りのレボリューションをつけたばかりなので、2〜3日はそのままにしておかねばならない。まぁ、来週入ったら洗う事にする。それまでみりんとも出来る限り接触させない様にしないといけない。
 控除のない扶養家族がまたもや増えてしまったが、これも縁であるから大事にする。当面の問題は、先住のみりんがかなり警戒してストレス溜めているので、そっちの方こそ重点的にケアせねばならない事だ。

5842d73549aee25df3ced1aa74b34ff7
タマがミカン、レモン、カボスを連れてきたのが、10月12日の頃である。
既にこの頃、生後1ヵ月以上を過ぎていたとするならば、
かぼすの誕生日は、推定9月20日前後である。
例によって例の如く、犬猫病院で誕生日を決めねばならなかったのだが、
当然、本人が申告する訳ではないので、推定で決めた訳だ。

15d85de1c552f5852c7af87df709bb4f
血液検査用の採血を食らうかぼす。
実はこれ、テイク2。
テイク1は足でやられたのだが、血管が細くて採れず、
頸動脈でやりなおし。

4cfe56e798a74bb8caaea1b7cdcda935
体重は1.2kg。意外に体重あったんだな。
猫エイズ、白血病はいずれもネガティブ。
ノミ、回虫の対策にレボリューションを処方。
先住のみりんの分も貰って買える。

03d180a14bd5043ae6b47dc716cb81de
すっかりタマや他の兄弟の事は忘れたっぽい。
ちなみに、かぼすはメスである。

子猫を拾ってくると、子猫の方が可愛いので構いたくなるが、
そうなると先住猫がすねてどこかに行ってしまう。
子猫の方は放置してても大丈夫なので、
先住猫の方を重点的に可愛がる事。
それが多頭飼いのポイントだそうな。