0dcbd3962fed466534917866c2983501

 来月、かぼすを避妊手術に連れて行く予定だったのだが、それよりも早くに発情期が来てしまった。メスは成熟が早いとは聞いていたが、推定生後5ヶ月で発情するとは思わなかった。発情といっても、人間がエロい気分になるのとは訳が違って、ネコ的にはかなりストレスになるらしい。毛がいっぱい抜けて、悩ましい声でキュウキュウ鳴いている。尻尾の付け根をポンポンしてやると、大分落ち着く様である。
 2日ほどキュウキュウ言ってたのであるが、週明けには落ち着いたので、速攻で犬猫病院へ。それじゃ手術しましょうという事で検査したが、体重は2.7kg、他は異状なしという事で、昨日手術。一泊して先ほど連れて帰って来た。
 昔、三毛のブチを手術に出した時は、エプロンつけて帰って来たのだが、今回はエプロンなし。ただし自分で舐めない様にエリザベスカラー付けて帰って来た。ところが、首輪が嫌いなネコである。首輪以上にデカいカラーはよくよく嫌らしくて、あっちにぶつけこっちにぶつけ、かなりストレスが溜まっているらしい。まぁ、ネコのためだからガマンして貰うしか仕方ない。
 異様な格好にみりんもかなりビビったらしいが、今はどうやら落ち着いたらしい。さっきまで二匹で走り回っていた。まぁ、傷口が開く事なないと思うが、ここ2〜3日は大人しくしてて欲しいもんだ。
 あと、病院ではほとんどエサは食べなかったみたいだが、帰ってからバリバリ食っていた。腹減ってたんだろうな。カラーを付けてても食い易い様にエサ皿を雑誌で底上げしておいてやった。またトイレもカバーを外して出入り自由にしておいた。部屋が散らばって臭くもなるが、今暫くの辛抱だ。