名称未設定-1

■猫の悪戯がやみません。
(Yahoo!知恵袋 2010/4/1010:30:35)

 この3日間、シロの食い物に対する悪さが連続した。

1回目は、練習用に買っておいたどら焼きとあんドーナツ。
2回目は、味海苔となぜか天ぷら粉
3回目は、ネギ焼きの素

 その3回目が昨日だったのだが、花粉症で調子悪いのもあって、いい加減にムカついてしまい、ベッドの下の衣装ケースの間に逃げ込んだのを、衣装ケースを蹴飛ばして追い出し、部屋中追い回して、どこかに逃げ込んだら、こづいて追い出し、徹底的に追いかけ回したのだ。
 そして、とうとう最後には脱糞する始末。幸いカチグソだったから後始末は困らなかったが、普段はちゃんと砂箱でするんだから、よほど怖かったのであろう。これ以上、責めるのは酷であるので、止めてやった。衣装ケースを蹴飛ばした時に、ケースの間に挟まれる格好になったのだが、若干鼻を打ったみたいで、少し腫れている様だった。
 好きで飼ってる猫だから、叱ったり叩いたりしたい飼い主なんて、一人もいない。後になってイヤな思いを必ずするからだ。しかし、されたくない事をされて怒るのも、これまた道理である。ついでに言えば、猫を叱ってもあまり意味がないのも知っている。ただ単にムカついて、何か仕返さないと腹の虫が治まらないのである。叩くのはまったく意味も効果も無い。故に今日の様なやり方になったのだが、まるっきり怯えた猫になってしまうのである。これでは野良猫と変わらない。
 猫がこの手の事をする時は、暇を持て余してるときである。自分もなかなか猫を構わないので、余計である。そこで、部屋に転がっていたオモチャで遊んでやったのだが、いつもなら真っ先に飛びついて来るシロが大人しいので、かわりにみりんが飛びついて来た。みりんも本当は子供っぽいのだが、後から2匹も子猫がきて、否応なしに長兄の役を押し付けられている。
 暫くみりんと遊んでいたのだが、シロも我慢出来なくなったらしくて、恐る恐る出て来た。無論、もう意地悪する事なく、シロとも遊んでやった。ところが、オモチャが古くてボロかったせいか、直ぐに壊れてしまった。これではネコ共も遊び足りないだろう、という事で、麻ひもでオモチャを作ってやった。すると、遊ぶ遊ぶ。追いかけ回すのである。シロに至っては、何度もジャンプして飛びついていた。
 その様な訳で、今夜はみんな大人しく寝ている。