名称未設定-1

 一昨日あたりから、かぼすのビチグソがスゴい事になってきた。あっちこっちにビチグソが付く様になったと思ったら、なんとかぼすのケツのフサ毛にビチグソが付きまくりなのである。いやはや参った。これまでにも猫がビチビチこくというのはあったけど、短毛猫の場合はさほど問題にならなかった。数年前のシロフサは、フサ猫であったけど、貧相なフサ猫だったので、そんなには問題にならなかったのだ。
 とはいえ、放っておく訳にもいかない。まず、ケツ毛に絡まって乾燥したビチグソは、毛ごと引き抜く様に除去するしかなかった。次にビチグソで濡れて乾いた毛は、蒸しタオルで拭いてやろうとしたのだが、ケツ触られるのが嫌なのか逃げまくってキレイにならない。ケツ毛を切れという意見もあったのだが、拭かれるだけでイヤなもんを切らせる訳もなく、俺一人で出来る事は無くなってしまった。
 まぁ、放っておいても治りはしないと思ったので、朝一番に犬猫病院へ。ビチグソも持参して検査してもらったけど、特段の異常はなし。食欲、ウンコの回数、エサを変えた等に変化がないのなら、身体的には下痢する理由が見つからないとの事。もしかしたら、今のエサが合ってないのかもしれないけど、とりあえず注射して整腸剤をエサに混ぜて与えてくれとの事で、帰って来た。
 整腸剤は1週間から10日与えよとの事だが、うちは全員が同じ場所で飯食っているので、かぼすだけに与えるというのが難しい。他の猫も食っても問題ないとの事だったので、全員分に混ぜたがやはり食いつきが悪いようである。まぁ、こいつら全員食い過ぎなところもあるので、ダイエット代わりにしばらく様子見てみる事にする。