名称未設定-1

 こないだ、シロを抱っこして、「お姉ちゃんだぞ〜〜」とかぼすの鼻先に近づけたら、かぼすが「フ〜っ!」と威嚇して、シロに猫パンチを繰り出し始めた。かぼすとシロは母親が同じタマの血の繋がった姉弟である。なので、てっきり仲良いのかと思ったら、どうもそうでもない。逆にかぼすを抱っこしてシロに近づけたら、シロが明らかに嫌そうに身体を反らせ、かぼすがウーウー唸り出した。どうやら、かぼすの方がシロを嫌いな様である。
 今まで部屋ん中で追いかけっこし、取っ組み合いをしてたのを、てっきりケンカごっこするほど仲が良い、と思っていたのであるが、実態はシロを気に入らんかぼすが、何かの拍子にシロを追いかけ倒し、噛み付いていた事が判明した。姉というのは一般に横暴なものらしいが、にしてもシロがかぼすから嫌われる理由がイマイチよく分らない。確かに、トイレの砂を替えた時は、みりんに次いで二番目にうんこしにくるが、それが長幼有序にもとるというので頭に来ているのだろうか。何にしても、端から見てて、やはり横暴に見えるのである。
 ものは試しで、シロを抱っこしてみりんに近づけてやると、みりんはペロペロとシロを舐め出した。シロも特段逃げようともしない。長兄みりんは、もとがフレンドリーなお世話好きな猫であるし、よしんば気に入らん事があっても、一閃睨みつけるだけで他の猫は言うこと聞いてしまう威力の持ち主であるから、ケンカにならんらしい。逆にみりんを抱っこしてシロに近づける反証もすべきであるが、みりんは抱っこ嫌いでヤマネコなみの抵抗を示すので、やらずにおいた。
 何にしても、かぼすとみりんは仲が良く、シロはいつも少し離れたところにいるのだが、これはみりんが怖いとか苦手なのではなくて、なんと実妹かぼすが怖くて離れていた事が分った。まぁ、だからといって、別にどうこうする気もなければ、出来もしないのだがw