自分は結構スパムが好きな方で、時たま買ってきて焼いて食べる。料理の仕方は色々ある様であるが、自分はフライパンで軽く焼いて食べる事以外、やった事がない。時たましか食べないから、それでも飽きないのだ。前に焼かずにそのままクリームシチューにして、えらい不味い思いをした事があるが、あれは焼くのと生のままでは、味が全然変わる不思議な食べ物である。
 焼く時は包丁で適当な厚みに切ってたのであるが、以前からスパムカッターこと、ランチョンミートスライサーなる器具が売っている事は知っていた。ゆで卵を輪切りにするアレと同じやつだ。子供の頃、カレーライスの時は大抵、それで輪切りにしたゆで卵がカレーライスにのってた。ゆで卵を輪切りにスライスする以外に使い道のない器具なのであるが、包丁で切るよりは見栄え良く切れるからか、オカンは面倒くさがらずそれを使っていた。
 スパム切るのにわざわざそんなもん買わんでもええわ、と長い事思っていたのであるが、このランチョンミートスライサーは、スパムだけでなく、チーズやアボガド、もちろんゆで卵もスライス出来るらしい。それなりに多目的に使えるのであれば、ちょっと買って見てもいいかな、という気になった。値段もピンキリで、1000円も出したら良いのが買えるのだ。
 で、早速使ってみた。意外だったのは、スパムを切るのに、それなり力が要るという事だ。上の動画の通り、片手だと結構時間かかる。まぁ、撮影しながらだったので、両手でやればもっとサッと切れるんだろう。スパムを切る鋼線は結構頑丈に出来ているみたいである。でなきゃ、チーズなんて切れないと思うしね。包丁で適当に切るよりは、同じ厚みで切れるので、ちょっと上品になった気分になった。

楽器っぽい良い音色がする