478b811c0ef6d2cf225056d63769bb0d

 前回、Macを買い換えたのが2007年の事であるから、5年振りの買い換えという事になる。買い換え自体は、Adobe Creative Suiteの5.5が出た時に、2からのアップグレードが最終になる事から、Adobe Creative Suiteをアップグレードするのと同時にMacも買い換え、という風に考えていたのだが、Mac OS X Lionが出るという話しがあったので、それが出回るのを待っていた感じだ。
 もっとも、年明けくらいに買い換えを考えていたのだが、先にケータイをiPhoneに変えて、スマホ用のホームページを作りたくなったのだが、手入力は大変なのでDreamweaverにバッチを当てようと思ったら、CS4/5からという事が判って、それで急ぎ前倒しで買った、という経緯があった。(ちなみに、Adobeのキャッシュバックセールだったので、早めに買ったってのもある)
 21.5インチにするか27インチにするかで迷ったが、PCラックの大きさから21.5インチにした。それでも今までの17インチよりは全然大きいのである。HDが500GBのか1TBのかどっちかにするか迷ったが、買い換えに備えてヨドバシのポイントを貯めまくっていたので、1TBの方にしておいた。後々、メモリの増設などの拡張性が高いのが決め手だった(拡張しないとは思うがw)。
 ざっと使ってみての感想は、まず画面がキレイ、音が凄く良い。外部スピーカーなんか要らないんじゃないかと思う。処理速度が速いのは当然の事であるが、OSの方も使い勝手が大分良くなった感じがする。買い換える度に思う事ではあるが、この性能にして13万4,800円は安いと感じる。まぁ、PowerMac9600/233の時代の人なんで、特にそう感じる。
 今回は、Adobe Creative Suite5.5アップグレード版、Adobe Premiere Elements 10、Office for Mac 2011、iMac本体、ワイヤレステンキー、バッテリチャージャーなどで約27万円の出費だった。また、Windows7を後日買う予定である。