48017501a4a8b9b93f1912d0f51b0801

 実はかなりの文章を書いたのだが、ネコが机の上に乗ってきて、降りる際にマウスを蹴飛ばしてくれたお陰で、どこでどうなったのか、書いた文章がどっか消えてしまった。そんな訳で、今書いているのは二度目である。

 この本を読んだのは、今から約10年ほど前。「さすらいの野宿ライダー」が面白かったので、続けて本屋で買ってきて読んだ。が、「さすらいの〜」がおもしろ可笑しい内容なのに対して、こちらはハード、壮絶な中身で、ところどころ神秘的でさえもあった。「とても真似できない」というのが読後の感想だった。その後、何度もこの本を読んだが、感想はいつも同じだ。何が真似できないと言っても、エンジンをバラバラにして組み立て直すなどという神業は、とてもじゃないがマスター出来ない。大体からして、直そうとして壊してしまう体たらくなのだ。だから、およそバイクであれエアガンであれ、道具らしき物は、ゼントラーディー人と同じで使い潰す他ないのである。
 寺崎さんの本には、とにかくパンク修理の話しが多い。だから、林道を走ると2〜3度はパンクするんじゃないかと思うし、そうなったら1度目で自分の場合はノックアウトである。もっとも、自分の今までの経験でバイクがパンクした事が一度もなかった訳ではない。むしろ、チューブタイヤのバイクではよくパンクしたのである。しかし、自分では修繕できず、バイク屋まで押すという苦行でカバーしていたのだ。それが林道はともかく、オーストラリアの荒野では、とてもじゃないがバイクを押すなんて事は無理っぽいし(1000kmも押せるか!)、JAFなんてのもなさそうだし、仮にあっても英語が喋れも聞き取りも出来ないのに、どうやって呼ぶんだ。となれば、ますます真似できっこないのである。
 しかしまぁ、なんでオーストラリアなんだろう、と思わなくもない。寺崎さんも、この本の冒頭で、理由を聞かれても適当な答えがない、と書いている。まぁ、1981年当時、政情が安定していて、我が国と友好的で、しかも自然がいっぱい、というのはオーストラリアくらいしかなかったのかもしれない。1A$が約250円だったそうである。今は約90円くらいだそうだが、単純に比較しても2.77倍。総経費が209万円だったそうだが、2.77倍してみれば580万円ほどになる訳で、やっぱり真似しようと思えない額である。立派なのかバカなのか、自分でさえもよく判らないくらいだ。この壮挙の時、寺崎さんは26歳。自分が26歳の時は、貯金が目減りするのがイヤで、友人たちがグァムに射撃ツアーに行くのに誘われたのを断っていた。今から思えば、3〜40万の金をケチって思い出作らなかった事をちょっと後悔しているのだが、ウン百万使って大旅行する人と、数十万の金を惜しんでピンチに備えようとする人間の、価値観や人生観の違いを見る思いである。