7b7a208f3420a944f51b1041ed277f07

 来るべき飯盒オフは日本軍の格好でやるなんて決まっちゃったもんだから、あれこれと新規に勉強している訳だけど、一番の問題は靴。いつだって問題になるのだが、甲周りが29cmもあるもんで、いつも履いてる靴は29cm。モトクロスのブーツも29cmなのである。しかし、旧軍の編上靴は一番デカくても28cmまでで、しかも非常に品薄である。
 そこで目を付けたのが地下足袋。旧軍でも地下足袋を使っていたとの事だが、いろいろ調べた結果、今でいうところの「実用」とか「快足」とか銘打ったコハゼが3枚の底が黒いのが、旧軍で使ってた地下足袋に相応する事が分かってきた。しかし、その地下足袋とて、一番大きいのは28cmまでで、あとはコハゼが7〜12枚という鳶職の人とか用になってしまうのだ。
 ところで、自分の足は甲周りは29cmであるが、足の長さそのものは28cmである。つまり、アジア人らしい甲高の足をしているのである。あまり伸びない靴では融通利かないかもしれないが、布地が多い地下足袋だったら、もしかしたら伸びるかもしれない。そこで近所のワークマンに行って28cmの地下足袋を履いてみた。そしたら思惑通り、多少履く時に窮屈な思いをするが、ちゃんと履けたのである。とりあえず、これで問題が一つ減った。
 さて、どこのメーカーのを頼むか。一番有名どころでは、力王とか丸五であるが、その他にもアサヒとかムーンスター(昔、陸軍の編上靴作ってた月星化成)などもある。いくつかあるメーカーの中で自分が選んだのは、壮快堂というメーカー。というのも、山登りとかにつかうゴムピンのスパイクタイプの地下足袋で、4枚コハゼという比較的短い地下足袋を出していて(他のメーカーは5枚)、ゴムピンタイプでない3枚コハゼの実用地下足袋と見た目の互換が近い、という理由からである。まぁ、旧軍ではゴムピンタイプじゃない底のを使っていたのだが。
 ともかく注文したのだが、どういう訳かゴムピンタイプのが先に来て、普通のはまだバックオーダーである。まぁ先に来た方から履いてみたのだが、ここでもう一つ問題。それは軍足はいわゆる先丸タイプで、親指のところは分かれてない。ところが地下足袋の方は分かれているのである。普通に履こうとしたら、軍足の先が邪魔で履けない事になる。そこで考えたのは、軍足のつま先を少し伸ばしておいて、親指の又にめり込ませて履くというもの。実際それで履いてみたが、ちょっとコツが要るし、地下足袋を履く時も結構キツいし、コハゼが留めにくかった。
 それ以上に心配に感じたのは、要は靴下をちゃんと履かないで指のところでクシャらせているのだから、長時間歩いたら、そこが擦れて靴擦れになってしまうのではないか、という事だ。実際、昔の兵隊さんの本にも、靴下がずれて靴擦れになる話はいっぱい出てくる(それは旧軍の軍足が立体裁断でなく、踵の無い寸胴タイプだった事にも原因する)。しかし、実際に歩いてみると、素足で履いた方が親指の又が痛い事が分かってきた。かつダイレクトに風が当たるので寒かったりもする。無理してでも軍足履いた方が、足が守られてる感があって安心である。
 せっかくだから、外を少し歩いてみたが、思いの他歩きやすいと感じた。なるほど、登山で使う人がいるはずである。残ってた雪の上にも上がってみたが、スパイクタイプのせいかあまり滑らなかった。もっとも、頂上まで上がったら、片足が雪の中に膝までずっぽりハマってしまったのだがw