ef1fcf96a6708e5bfbf0fec704f99252

 今日は雨なので、軍装のお手入れ。ちゃっちいレプリカの編上靴といえども、ちゃんとした編上靴が手に入るまでは、自分の足を守る唯一の靴なんで、ちゃんと保革油塗っておきます。
 さて、編上靴といえば靴紐です。「靴紐も結べない癖に…」は頭の悪いアホ呼ばわりする時の常套句ですが、靴紐の結び方は様々あって、確かに頭使うところでもあります。
 日本陸軍では、ちょっと変わった結び方してたみたいです。まず、一番から三段目までは鳩目の外側から紐を通し、内側に来る紐を二段目飛ばして三段目に通した様です。四段目からは、鳩目の内側から通したみたい。
どうしてこんなやり方なのか分かりませんが、紐が緩みにくいんでしょうかね?
もっとも、このやり方、他のマニアの人がやってるやり方なんで、ちゃんと一次資料に基づいてるか分かりません。
 ちなみに、この靴紐は、日本陸軍仕様ねレプリカで、紐の端が金具で止められてます。
それは良いんですが、イキナリ片側が外れてしまいました。仕方ないんで、縫い糸で補修しましたが、当時の兵隊もそうしてたかもしれませんねぇ。