3dea583fcb86e7d589e77b40a796c1ae

 日本陸軍の九〇式鉄帽のレプリカ。レプリカだけどしっかり鉄製らしいので(実物はクロムモリブデン鋼)、いざの時には防災用に使えるかもしれない。まぁ、防災用なら、もっと軽い樹脂製のがあるけど、最近のは工事用か建設現場用っぽいんだよな。
 それはさておき、この鉄帽のアゴ紐は、今風のベルト式やバックル式の留め方でなく、兜結びって留め方だ。紐の左右の長さの関係で、アゴの横で蝶々結びするんだが、これがなかなか難儀した。蝶々結びが出来ない訳ではない。手元が見えなくて、かつ自分に向かってやるのが、なかなか勝手が分からなかったのだ。鏡見ながらやっても、逆像で分かりにくいし、、、
 そこで基本に立ち返り、靴紐をゆっくり手順を踏みながら結んで、蝶々結びの仕方を解明し、かつ、それを頭に思い描きながら、鏡の前で何度も練習した。それで何とか、結べる様になって来た。
 この鉄帽は、略帽の上から被る事になっているので、略帽の分、アゴ紐も短くなるのだが、それでも何とか結べる様になってきた。何でも練習である。何回か練習してるうちに、鏡見ないでも結べる様になるだろう。
 昔の兵隊も、初年兵の頃に、班長や古兵に怒鳴られながら、練習したんだろうなぁ。