d3bc87b1398a74fb7c5143af5a35d1ad

 ケロシンストーブは、オプティマス123Rを買った頃から欲しいと思い続け、やっとこないだ、オプティマスNo.45を手に入れたのであるが、当初は別にマナスルで良かったのだ。ところが、そのマナスルが製造してないのか、品薄高騰でえらく高く、それで手頃な値段の中古を買った訳である。ところが、手頃な値段だったせいか、レストアにエライ手間が掛かり、結果としてはレストア済みのを買うのと変わらん金額が掛かってしまった。まぁ、技術を身につけたという事で納得する事にした。
 ところが、ローアバーナーでは音が煩いという事で、静かなサイレントバーナーが欲しくなった。しかし、欲しい時には案外ないものであるし、No.45では持ち出しにデカくて不便という事で、その下のNo.00が良いなと思ったら、サイレントバーナー仕様がないという事も分った。となれば、上手くサイレントバーナーを手に入れて、良い感じにくっつけてしまおうと考えた。実際にそうしてる作例もあるからである。
 で、インド製のファロスストーブのサイレントバーナーとか、韓国製のロイヤルストーブのサイレントバーナーも試したのだが、分ったのは以下の事だった。

  1. ファロスのバーナーは、No.45のライジングチューブに無理矢理つけれるが、バーナーヘッドが五徳より上に飛び出す。トッププレートを付けても飛び出して、飯盒の底に当たる。
  2. No.00のライジングチューブにロイヤルストーブのバーナーは付くが、ファロスストーブのバーナーは付かない。
  3. No.00のライジングチューブはNo.45のタンクに付くが、No.45のネジが長いので油漏れを起こす(パッキンで防漏できる)
  4. No.00にロイヤルストーブのバーナーを付けると、バーナーヘッドが五徳と面一になって、飯盒の底の当たる。
  5. サイレントバーナーのニップル穴は、ローアバーナーよりも細い。ローアバーナーのプリッカーが使えない。
  6. ファロス・ロイヤル共に、No.45のローアバーナーよりも火力が劣る。2リットル湯沸かしでローアなら16分で沸騰するところが、サイレントバーナーだと20分経っても沸騰しない。2合炊飯だとローアなら強火4分弱火5分で炊けるが、サイレントだと強火6分強弱火4分で、気持ち半煮え傾向が残る。
  7. どうも圧の抜けが悪い様に感じる。No.45にロイヤルのサイレントバーナーを付けると、ポンピングロッドが勝手に伸びてくる(ローアではそんな事起こらない)

 致命的だったのは6番目で、いくら音が静かでも、定格の性能を発揮できないのでは意味がない。まぁ、ファロスにせよロイヤルにせよ、もともとオプティマスに最適化されている訳ではない。調整が必要なのだが、どうして良いかも分らない。単純に付ける事が出来れば使えると思っていたのだが、そうは問屋が卸さなかったのだ。
 この辺りで、自分がケロストに求めてるものが明確になってきた。自宅用は音が静かで安定感のあるもの、持ち出し用は小型すぎず大型すぎず、使い勝手の良いもの。自宅用としては、No.45にサイレントバーナーがついたNo.48が適していて、持ち出し用はNo.96ではなくNo.00、外用だからサイレントバーナーでなくても可、という感じである。No.48は今年だけでも3〜4台の出品があり、どれも1万円以下であった。No.00は程度により1万から2万である。だとするなら、買った方が良さそうなものである。
 とりあえず、当面は定格の性能を発揮するオプティマスNo.45があるので、それでよして、今後出物があったら、その時考える事にする。