51f9210817d7c17eb331178b8e606c47

 まもなく、CRF250R“モルゲンシュテルン号”の改装が始まる。実は3月頃から話しをしてたのだけど、XR230“パンツァーファウスト号”の改修や改装に押されて、伸び伸びになっていたのだ。まぁ、前回のオーバーホールが丁度2年前の9月だから、キリのいいタイミングになった。
 今回準備した予算は50万円。その内訳は、上記のグラフの通りで、改装というより定期整備の方が遥かに多い。いわゆる“魔改造”の部分というのは、DLCやWPC、フライホイールウェイトなど、走りに影響及ぼす加工で、見栄え重視とかではない。改装分もリア18インチホイールの事である。そんな訳で、今回は改装というより、延命とアップデートの為の整備という感じである。
 しかし、毎度言われるのが、「これだけの金額だすのなら、新車買ったら良いのに」という事。まぁ、畳と女房は新しいほど良いというのと同じで、バイクも新車は良いのは確かである。今の自分の目的と用途でいうなら、同じCRF250でも、RよりもXの方が良いんじゃないのか、とかなり悩んだものである。もし、現行のXが2010〜2014モデルのCRF250RをX化したものだったら、乗り換えたと思う。しかし、2009モデル以前のキャブ車を今さら買う気にならなかったのが決め手となって、モルゲンシュテルン号をさらに乗り続ける事にした。
 もしも仮に現行のXを買っても、R化する事は目に見えているであろうし、そうなれば新車代+改装代で、今回用意した予算の倍以上は使うことになる。金のなる木があるじゃなし、そんな余裕はないのである。新車に変えれば乗り易くなったり、早くなったりする訳でもないので(自分の場合は)、乗り馴れたバイクをボチボチ改造していく方が楽しいと判断した訳だ。
 しかし、まだ整備改装は始まってないのだが、すでに予備は1割を切りつつあって、いやはやお金足りんのかよ、といった感じ。実は18インチホイールは時間かけて探す事になるだろうから、今回はそもそも予算に計上してなくて、予備は2割あるつもりをしていた。なので、XRのステムの整備やステダンの装着は、その予備の中から出すつもりでいたら、お店の方にホイールあるというのが判って、予算的に慌ただしいことになった。まぁ、ある時に確保しとかないと、いつ手に入るか判らないので、押さえたのだが、お金というのはあればあるだけ使ってしまうものである。