04427a9f75a6b4e9e01aa4ace359bc88

 近所のナフコのそばにオープンしたコメリが、オープンセールなのか、千葉県産のあきたこまちの玄米30kgを7300円で売り出していて、しかもお一人様3袋まで、と書いてあった。この近所のホームセンターだと、30kgで9800円くらいなので、確かに安い。しかも玄米なので、しばらく置いておいても悪くはならない。実は直前に秋田産のあきたこまちの精米30kgを買ったばかりなので、この玄米を買っても直ぐには使えないのであるが、安くて大量という点で目を離す事が出来なくて、30kgを3袋買って帰った。現在、ウチには米が120kgもある。
 さて、玄米といえば、2年ほど前に炊飯の研究で散々食ったので、今となっては玄米飯など食いたくないので、精米する必要がある。玄米を売ってるホームセンターには、大抵コイン精米機があるもんだが、ここのコメリにはなくて、置いてあるスーパーもあるにはあるが、どっちにしても歩いて5分とかの距離ではない。すると、嫁さんが家庭用の精米機が欲しいと言い出した。普段、物を増やしたくないとかいう割には、自分の欲しいものは増やしたい性格なのである。しかし、精米機買っても、今後も玄米買って食うならともかく、今回限りだと勿体ない気もしないでない。
 ともあれ、精米機がいくらするのか、コメリの家電製品コーナーを見てみたら、高いので3.5万円くらいする。意外と高いものである。その値段を見て難色を示した訳であるが、おりしも結婚一周年記念という事で、親父がお祝いしたいと行ってきたから、それに乗っかって買う事にした。そこで調べてみたところ、精米機も1万円しないのもあって、ピンキリであった。値段の差は、精米の度合いとか糠の除去の仕方とか、そうした所に差があるらしい。なので、せっかくであるから、高いのにした。この精米機にしたのは、胚芽米まで作れるところに魅力を感じたし、車中泊用の無洗米も作れるのは大きなメリットだ。
 さて、届いたのを早速使ってみた。5合まで精米出来るのであるが、糠を除去したら4.5合くらいになる。面白い様に糠が取れて、しかも糠用のポットに溜まって行く方式なので、取れた糠はそのまま庭に撒ける。精米した米は奥のポットに溜まる方式で、なるほど安い精米機より明らかに便利に出来ている。
 米は精米したてが美味いというから、これからウチは玄米買って精米して使う生活になる。