去年の今頃、XR230“パンツァーファウスト号”は最終形態に完成したのであるが、今は大枚かけて付けたそれらの装備は全部外されて、完全に嫁さん仕様に改装されている。
 ハンドルはZETAのED-Lowよりも純正のレンサルバーの方が良いというのでそれに戻したのだが(もちろん、ZETAのCRF230F用のハンドルクランプキットも外した)、いざアーマーハンドガードを付けようとしたら、ハンドルのパイプに六角のボルトが入っている事に気が付いた。これではハンドガードのアダプターが入らないのでボルトを抜いてみたら、さらにその奥にゴムの栓の様な物が入っており、自分では抜けない事が分かった。そこでMotoshop TOYZに持ち込んで抜いてもらって出て来たのが上の写真のブツである。なんでもこの栓は、高速走行した時にハンドルが振動しないためのウェイトなのだそうである。XR250のように純正の鉄ハンドルであれば、予め中にウェイトが溶接されているそうだ。XR230のは社外のレンサル製なので、わざわざホンダの方で入れたようである。
 この他にも、レバーが遠くて手が痛い、というので、レバーの位置を調整して貰った。といっても、目一杯手前に調整してるので、これ以上前後位置は変える事が出来ない。そこで、レバーブラケットの位置を内側に寄せて貰った。本来ならウインカースイッチがあって、ハンドルグリップとレバーブラケットはもっと離れていたのだが、自分の手に合わせて近づけていたのである。しかし、それだと嫁さんの手では、レバーの根っこに近い位置で握る事になり、それで手が疲れていた様である。言われてみれば、その通りである。
 また、足もあと1センチくらい地面に着いて欲しい、という事で、シートを削る事も考えたのだが、その前にリアサスのプリロードを全抜きにして貰った。というのも、自分の体重でサグを出しているので、自分より軽い嫁さんが乗れば、その分沈まないので足が届かない理屈である。プリを全抜きにする事で、サスが柔らかくなって足付きがよくなり、お陰でシートを削らずに済みそうである。
 こうやって見てみると、つくづくXR230というのは、女の子向きに作られたバイクなんだな、と改めて実感した。

bc5be8c94e5c7d9265a04ce2318c3c66