こないだ、新居で初めてマディ後のバイクの洗車をやったのであるが、思うところがいくつもあった。 まず、水の使用量が半端ない、という事である。前に住んでたマンションでは、オーナーの意向か温情か分からないが、実は散水栓の水が使い放題で、ほぼ自分だけが洗車に使いまくっていた。タダなので値段気にせず使っていたのであるが、今度は自前である。一体どれだけ使ったか正確には分からないが、間違いなく風呂桶3杯は使ったはずである。
 次に落とした泥の処置である。前のマンションの時は、大まかな泥は拾い集めて植え込みに捨て、残りは使い放題の水を使って表の通りの側溝に流し込んでいたのだが、今度は自宅なので、好き放題に流し込むとウチの側溝が詰まってしまう可能性もある。なので、グチャグチャになった泥を箒とちり取りを使ってかき集め、出来る限り庭に捨てたのであるが、それでも取りきれないものは水を流して地面を洗うしかなかった。ここでもまた大量に水を使うのである。 実は、トランポに積んでるエンジン洗車機を使おうかとも思ったのだが、エンジンだけに結構騒音が出る。まぁ、その辺はやってみないと苦情が出るかどうか分からないのだが、それ以上に問題は水の供給である。以前、45リットルのポリペール(洗車機のガンなど用品入れにしてた)に水を溜めて試したのだが、ものの10分もしないウチに水切れになってしまって使えなかった。今の自宅には庭に蛇口があるものの、水を溜める装備がないので、当面は洗車機は使えないのである。
 そこで考えたのが、よくコースの洗車場に置いてある様なデカい水タンクである。値段を調べてみると、500リットルで1万円ほどで、決して高いものではない。幸いにして、今の自宅には庭があって水タンクを設置する場所も確保できる。これに雨水でも風呂の残り湯でも溜めておけば、洗車の水に困らないだけでなく、この先、庭に水撒くのにも使える訳である。
 と、ここまで考えた時、果たして自宅で洗車機を使わないかん様な洗車をする機会がどれだけあるか、思い浮かべてみた。例えば、JNCCやWEXといったレースでは、現地で洗車して帰れない場合が多く、持って帰って洗いまくる事が多かった。自宅で洗車機が使えたら、非常に楽である。しかし、そんな機会はこれまでの経験で年間で数えるほどもないのである。あとは蛇口につないだシャワーで十分事足りて来たのだ。それゆえに、前のマンションでは洗車機を使わなくてもさほど困らなかったのである。
 その水タンクであるが、コースに置いてあるのは大抵汚くて、ゴミが溜まってたりコケが生えてたりする。水があるからボウフラとかも涌きそうだ。自分ちから遠いコースだの畑だのだったらそれでも良いが、家の直ぐ傍にそういうのがあるのは非常に具合が悪い。じゃぁ、使わない時は空にしておけば良いかとも思ったが、「風で飛ばされない様に中に水を入れておく」との事だ。そもそも空にしてたのでは、庭に水をやれないではないか。
 さらに、この水タンクは雨水を溜めて使う(だから水代はタダ)のだが、雨樋をタンクに回る様にしておかねばならない。この工事もなんだか難儀そうで、いまいち手が出ない。やれば面白いかもしれないのだが、どうしても要る!というところまでモチベーションが上がってないので、手が出せない感じである。