ee532a64b3db50a7c45c7d12391db9a5

 日曜日にCRF450RXを一旦引き取ってきて、費用の残金も支払いが終わった。今回は車両価格も250より高いし、様々カスタムするという事で、事前に何度も予算の見積もりをして、がっちり予算を編成してから事にあたったのであるが、結果としては相当金額の予算が残った。理由は、エンジンの作業にかかる費用が、新品の分解結合だった事もあいまって、当初の予定よりも大幅に低くなった事。足回り、ストッパークラッチは、とりあえず乗ってみてから検討する事になり、その分の予算が浮いた事である。具体的な数字としては、160万円の予算を準備して、とりあえず支払ったのは127万円弱であった。車両価格が98.28万円であるから、プラス30万円くらいである。外装もデカールも、シートカバーもスロットルカムシステムも、全部入れての金額であるから、相当なお買い得感がある。さすが、Motoshop TOYZである。
 お金が浮いたから、という訳ではないが、ラジエターファンを付ける事にした。おそらく、スリッパークラッチよりも、こちらの方が入り用になるはず、と踏んだからだ。また、アワーメーターを今回も付ける事にした。ファンもメーターもトレールテックのである。CRF250Rに使っていたZETAのハンドルバークランプキットは、CRF450RXに付かない事が分かったので、ファットバー化する為にRXクランプを取り寄せる事にした。まだCRF450RXに対応するハンドルバークランプキットが出てないからだが、出たら出たで買い替えるも良し、RXクランプで都合良ければそのままで良し。これらの装備を買っても、予算にはまだまだ余裕がある。
 サスのスプリングは、CRF450RのソフトスプリングがRXでは標準の設定になっているらしく、確かに柔らかいと言えば柔らかいのだが、モルゲンシュテルン号に比べたら車高が高い。アタリが出てきたらまた違ってくるかもしれないが、現状では勝沼などのプチハードなレースでは結構怖いと思う。いずれ対策せねばならないと思う。また、スリッパークラッチは今回見送ったが、ゲレンデを降下する時などは威力を発揮しそうだし、これも後日付けるかもしれない。なので、予算が浮いたからといっても、他に転用するのではなく、その分は取っておいた方が良さそうだ。